メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2019参院選

選挙後半 「高」「低」投票率のまちから 新潟県粟島浦村/大阪市浪速区

釣り客らが行き交う粟島の中心部。この日も選挙カーや候補者の姿はなかった=新潟県粟島浦村で2019年7月14日、曽田拓撮影(画像の一部を加工しています)

 21日投開票の参院選は、中盤を過ぎた。前回衆院選で投票率が全国トップだった新潟県粟島浦村と最低の大阪市浪速区は14日、ともに観光客らでにぎわい、選挙戦の色合いは薄かった。公示日にも取材した10人の住民は盛り上がりを欠いた「選挙サンデー」の中、何を自分の争点と捉えているのか。また、選挙で国は変わると考えるのか。

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文1936文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです