メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

首相の「憲法審議を拒否する野党」は本当なのか 熟議の姿勢を検証する

通常国会が閉会、記者会見する安倍晋三首相=首相官邸で2019年6月26日、川田雅浩撮影

 「国会議員には憲法のあるべき姿を議論する責任がある」。安倍晋三首相は参院選で、憲法改正を主要な争点に据えると強調し、こう訴えている。確かに議論は民主主義にとって不可欠なものだ。憲法の議論とはどうあるべきか、考えた。【江畑佳明/統合デジタル取材センター】

進まない憲法論議

 安倍首相は7月13日、遊説先の秋田県横手市で、集まった有権者にこう訴えた。

 「未来に向かってしっかりと憲法を議論していく候補者か政党なのか、あるいは国会議員としての責任を放棄…

この記事は有料記事です。

残り2685文字(全文2908文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです