メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

「電話作戦」はつらいよ 詐欺警戒し留守電活用 「出ない家庭増えた」

苦戦する電話作戦

 21日投開票の参院選で、候補者の陣営が電話で投票を呼びかける「電話作戦」が苦戦している。特殊詐欺対策で、在宅中でも留守番電話に切り替わる高齢者の家庭が多いためだ。携帯電話・スマートフォン(スマホ)の普及で固定電話を持たない世帯も増えており、旧来型の選挙戦術は転換期を迎えつつある。【金子淳】

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです