メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「かけても出ないんです」 投票呼びかけ「電話作戦」苦戦 背景に特殊詐欺対策も 参院選

C1・電話作戦.eps

 21日投開票の参院選で、候補者の陣営が電話で投票を呼びかける「電話作戦」が苦戦している。特殊詐欺対策で、在宅中でも留守番電話に切り替わる高齢者の家庭が多いためだ。携帯電話・スマートフォン(スマホ)の普及で固定電話を持たない世帯も増えており、旧来型の選挙戦術は転換期を迎えつつある。

 「今春の統一地方選のころから電話に出ない家庭が増えた。昔に比べかなり難しくなっている」。東京選挙区の女性候補の陣営幹部は、こうこぼした。

 公職選挙法では、投票日前日まで陣営が電話で候補者への投票を呼びかけることができる。直接政策などを説…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです