メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性活躍に明言も 目標クリア2党だけ

政党アンケート2回

 小学生に政治への関心を高めてもらおうと、毎日小学生新聞(毎小)が実施した政党アンケート。2回目は「女性の活躍」。どの政党も積極的な姿勢を見せたが、候補者に占める女性の割合を見ると足もとから見直しが必要な政党が多い。今回の参院選は、候補者の男女同数は努力義務とはいえ法制化されて初の国政選挙。子どもに説明が付くのか付かないのか――。

 今回の参議院選挙では、議員124人を選びます。参議院の定数(議席の数)は昨年、公職選挙法という法律が見直され、6議席増えて248議席になりました。参議院の任期は6年で、3年ごとに半数を選び直す(改選する)ので、今回はその半数となります。選挙区は74議席が改選を迎え、215人が立候補しました。比例代表は50議席が改選を迎え、155人が立候補しました。

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  2. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです