メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選・数字が語る争点

夫婦別姓(その1) 42.5% 選択制、議論に遅れ

 参院選(21日投開票)の公示前日の3日、日本記者クラブ主催の党首討論会。選択的夫婦別姓に賛成かと聞かれた安倍晋三首相は、各党を代表する出席者の中でただ一人手を挙げず、苦笑いを浮かべた。「パスポート(旅券)などにおいて旧姓の使用が可能になっている。意見はいろいろ分かれており、国民的なコンセンサスを得る必要があると考えている」。討論会で弁明した首相は「あまり印象操作をするのはやめた方がいい」と反論した。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです