メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外C.W.ニコルさん死去 作家・ナチュラリスト 79歳
参院選2019

カジノ開設、論戦低調 選定基準、政府先送り

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が昨年7月に制定され、1年を迎える。カジノ開設に対する国民の懸念は根強く、参院選の公示前、政府は開設地をどう選ぶかの基準を公表しなかった。選挙戦への影響を避けたとみられ、野党は「争点隠し」と批判。論戦は低調だ。【道下寛子、真野敏幸、樋口淳也】

この記事は有料記事です。

残り1527文字(全文1669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  4. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです