メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政見放送字幕 無所属・ミニ政党NG 「不公平」「全部付けて」

国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影

 21日投開票の参院選から、選挙区候補者が自作の動画をテレビの政見放送で流せるようになった。字幕やイメージ映像もつけられるため、聴覚障害者や難聴の人たちにも政策が伝わりやすくなる効果がある。一方、ミニ政党や無所属の候補者は、これまで通り放送局に出向く「スタジオ録画方式」しか認められず、字幕もつけられない。障害者団体からは「全ての政見放送に字幕を付けてほしい」との声が上がっている。

 2018年の公職選挙法改正で、衆院小選挙区での導入(1996年)に続き、参院選挙区で政見放送の「持ち込み方式」が認められた。ただ、衆院小選挙区に倣い政党要件(国会議員5人以上など)を満たす政治団体の公認・推薦候補に対象が絞られている。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです