メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相ラブコール 応える? 袖にする? 気になるあの人の党首力

参院選が公示され、街頭演説を聞く有権者ら=静岡県掛川市で2019年7月4日午前11時13分、藤井達也撮影

 憲法改正に向け、安倍晋三首相が参院選後の連携も模索しているとされる野党第2党の国民民主党。選挙後は意外と政局のカギを握るかもしれない。昨年5月の結党以来、初の国政選挙で党勢拡大を狙う玉木雄一郎代表(50)が7日、東京・秋葉原で開いたトークイベントを見に行った。【大場伸也/統合デジタル取材センター】

「行きまーす」

 「タマキ、行きまーす」。赤い襟のついた青い上着に白いズボン、ゴールドのブーツ。玉木氏はまさかのコス…

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1632文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

大場伸也

1973年生まれ、2000年入社。船橋、千葉支局、政治部、経済部、長崎支局、小倉報道部を経て現職。政治の記事を中心に執筆しています。野球好き。学生時代にバイトしていた新宿ゴールデン街に出没します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです