メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法改正か 消費増税中止か 与野党、対決の構図

政党アンケート4回「憲法改正、消費増税」

 毎日小学生新聞による政党アンケートの最終回。六つの設問のうち二つは、今回の参院選で争点とされているテーマを取り上げた。憲法改正と消費増税だ。

 大人の間ではどんな政策の違いに注目が集まっているのでしょうか。

 一つは憲法改正です。自民党総裁の安倍晋三総理大臣は憲法に自衛隊について書き込む必要があると強く訴え、憲法改正の議論を進めるかどうかを今回の選挙の争点に掲げました。同じ与党の公明、憲法改正に前向きな野党の日本維新の会の3党が改憲勢力です。

 10月に8%から10%に引き上げられる消費税については、与党と野党で明確に主張が分かれています。

この記事は有料記事です。

残り708文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです