メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

16年参院選・長野選挙区で最も低投票率 松本市を歩き、有権者に聞いた

生活に身近な公園には、散策する地域住民の姿がたくさん見られた。政治家の声はここまで届いているのだろうか=松本市で2019年6月27日午前10時34分、坂根真理撮影

 もうすぐ参院選の投開票日(21日)だ。選挙カーが町中を走り回り、支援者らが道行く人に手を振るおなじみの光景が広がる一方、ここ最近の選挙は投票率が軒並み過去最低を更新中だ。市民と政治の距離感は広がっているのでは――。前回2016年参院選の長野選挙区で最も投票率が低かった松本市(58.59%)を歩き、1票の行方を探った。【坂根真理】

 県選挙管理委員会によると、4月にあった統一地方選での県内の市町村議選全体の投票率は51.11%で、前回15年から4.74ポイント減。昨年8月の知事選の投票率は前回比0.28ポイント減の43.28%で、どちらの投票率も過去最低を更新している。

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです