メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・渋谷 20~40代「投票しない」理由は…

 第25回参院議員選挙が21日、投開票される。前回参院選(2016年)は投票率が54.7%にとどまり、特に20代(35.6%)や30代(44.2%)の低迷が目立った。今回も投票率は伸びないのか。「今まで一度も選挙にいったことがない」「選挙で何かが変わると思えない」などと話す20~40代の有権者の声に耳を傾け、政治不信の背景やその打開策を探った。【写真映像報道センター・加藤隆寛、後藤由耶】

 参院選公示前の6月30日夕、東京・渋谷の街頭で20~40代の有権者に尋ねると、ほとんどの人が7月21日が何の日かを知らなかった。「投票しても意見が反映されない」(37歳男性)、「実家に住民票を残したままなので投票に行きにくい」(20歳女性)などの声が聞かれ、「選挙に行ったことがない」と明かす人も複数いた。また、政治に変化は求めていても、投票行動がそれに結び付くイメージを持ちづらいと訴える人が多か…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです