メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法9条の自衛隊明記巡り 自民党が「改憲マンガ」 その中身とは

若者を対象に作成した憲法9条に関する漫画冊子を手に記者会見する自民党憲法改正推進本部の下村博文本部長=党本部で2019年6月27日、川田雅浩撮影

 自民党は憲法9条の自衛隊明記への理解を深めようと、漫画「~憲法のおはなし~自衛隊明記ってなあに?」を作成した。今回の参院選で、安倍晋三首相は「憲法を議論するのか、しないのかが問われる選挙だ」と争点に位置付け、各地での応援演説で憲法の議論の必要性を強調している。その中身とは。【統合デジタル取材センター/江畑佳明】

 下村博文・自民党憲法改正推進本部長が6月27日の記者会見で漫画について発表し、「憲法議論に関心を持ってほしい」と述べた。約20万部作成し、自民党のホームページからも閲覧できる。

 まず、そのストーリーから読み解きたい。

この記事は有料記事です。

残り2497文字(全文2763文字)

江畑佳明

大阪府寝屋川市生まれ。1999年入社。山形支局を振り出しに、千葉支局、大阪社会部、東京社会部、夕刊編集部、秋田支局次長を経て、2018年秋から統合デジタル取材センター。興味があるのは政治、憲法、平和、ジェンダー、芸能など。週末は長男の少年野球チームの練習を手伝う。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです