メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2019参院選

東北・新潟1人区 農業票、奪い合い 「攻め」与党、輸出拡大訴え/「保護」野党、所得補償復活

果樹園で有権者に支持を訴える候補者(手前)=福島市で2019年7月4日、小川昌宏撮影

 参院選最終盤の19日、与野党党首は相次いで東北の「1人区」に入った。環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)や日米貿易交渉で農産品の扱いが焦点となる中、勝敗の鍵を握るのが「農業票」の行方。前回2016年で自民候補が1勝5敗と負け越し、今回も激戦が続くのは、安倍政権の農業改革への農家の不満との指摘もある。政権は「攻めの農政」による成長戦略を訴え、主要野党は「戸別所得補償の復活」による分配を主張している。【高橋克哉、杉直樹、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1315文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです