メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

東北・新潟1人区 農業票、奪い合い 「攻め」与党、輸出拡大訴え/「保護」野党、所得補償復活

果樹園で有権者に支持を訴える候補者(手前)=福島市で2019年7月4日、小川昌宏撮影

 参院選最終盤の19日、与野党党首は相次いで東北の「1人区」に入った。環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)や日米貿易交渉で農産品の扱いが焦点となる中、勝敗の鍵を握るのが「農業票」の行方。前回2016年で自民候補が1勝5敗と負け越し、今回も激戦が続くのは、安倍政権の農業改革への農家の不満との指摘もある。政権は「攻めの農政」による成長戦略を訴え、主要野党は「戸別所得補償の復活」による分配を主張している。【高橋克哉、杉直樹、野間口陽】

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1315文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです