メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

投票に行くのは何のため? 神戸大副学長「迷うくらいなら行けばいい」

神戸大の品田裕教授=神戸市灘区六甲台町1の神戸大学本部で2019年6月28日、春増翔太撮影

 21日に投開票される参院選兵庫選挙区(改選数3)は激戦が展開されたが、「目立った争点がない」とも指摘され、投票率が50%を下回るとの観測も出ている。そもそも選挙で投票に行くのは何のためなのか。素朴な疑問を、神戸大副学長の品田裕教授(選挙制度)に聞いた。

 投票は「行く」「行かない」も含めて自由で、絶対に行かなければならないとは思いません。投票率に一喜一憂する必要もありません。ただ、私たち市民にとって、投票は行政や政治への不満を表明する有力な手段なの…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです