メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

投票に行くのは何のため? 神戸大副学長「迷うくらいなら行けばいい」

神戸大の品田裕教授=神戸市灘区六甲台町1の神戸大学本部で2019年6月28日、春増翔太撮影

 21日に投開票される参院選兵庫選挙区(改選数3)は激戦が展開されたが、「目立った争点がない」とも指摘され、投票率が50%を下回るとの観測も出ている。そもそも選挙で投票に行くのは何のためなのか。素朴な疑問を、神戸大副学長の品田裕教授(選挙制度)に聞いた。

 投票は「行く」「行かない」も含めて自由で、絶対に行かなければならないとは思いません。投票率に一喜一憂する必要もありません。ただ、私たち市民にとって、投票は行政や政治への不満を表明する有力な手段なの…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです