メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与野党批判の応酬 年金、憲法、長期政権で舌戦 参院選21日投開票

 参院選の選挙戦最終日となった20日、与野党党首らは各地で舌戦を繰り広げた。17日間にわたる選挙戦で、安倍晋三首相(自民党総裁)は、外交や経済政策などの実績アピールと野党批判を中心に訴え、憲法議論の是非を争点に掲げた。これに対し、野党側は年金問題などを取り上げて政権批判を展開。与野党による批判の応酬となった。

 「残念ながら、野党みんなが審議を拒否して、憲法審査会が開かれていない。1年の間に衆院ではわずか2時間、参院ではたった3分ですよ。国会議員の責任を放棄していると言わざるを得ない」

 首相は20日、千葉県市川市での街頭演説で声を張り上げた。首相が選挙前から争点化を図ってきたのが改憲議論の是非だ。各地の演説で、憲法9条に自衛隊を明記すると訴え、その議論に野党が応じようとしないと繰り返してきた。

この記事は有料記事です。

残り2528文字(全文2878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです