メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与野党批判の応酬 年金、憲法、長期政権で舌戦 参院選21日投開票

 参院選の選挙戦最終日となった20日、与野党党首らは各地で舌戦を繰り広げた。17日間にわたる選挙戦で、安倍晋三首相(自民党総裁)は、外交や経済政策などの実績アピールと野党批判を中心に訴え、憲法議論の是非を争点に掲げた。これに対し、野党側は年金問題などを取り上げて政権批判を展開。与野党による批判の応酬となった。

この記事は有料記事です。

残り2723文字(全文2878文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです