メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社民・福島副党首 神奈川で訴え 「改憲阻止本気で頑張れ」聴衆注文

 「比例代表で有効投票総数の2%を超え、政党要件を維持するのが最低限の目標。護憲政党がなくなったら困ると思う」としていた社民党の福島瑞穂副党首。神奈川県藤沢市のJR藤沢駅前で福島氏の最後の訴えを聞いた同市の無職、中原憲一さん(71)は「憲法改定阻止に向けて本気で頑張ってほしい。日本がここまで繁栄でき…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです