メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファクトチェック

「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く

参院選の投開票日を前に、秋葉原駅前で安倍晋三首相の選挙戦最後の演説に耳を傾ける大勢の人たち=東京都千代田区で2019年7月20日午後7時33分、佐々木順一撮影

 どんより、じめつく参院選も20日、最終日を迎えた。今回も、見に行かねばなるまい。恒例の安倍晋三首相の東京・秋葉原の演説会だ。支持者が日の丸の旗を打ち振り、「親安倍」「反安倍」の人たちのののしり合いが響いたアキバで、令和ニッポンの立ち位置を考えた。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

 安倍首相が国会議員になる前、「元代議士秘書」という肩書でメディアに登場した記事を見つけた。政治専門誌「政界往来」1991年9月号である。父・晋太郎氏の死去から3カ月後、立候補の準備に奔走していた時期である。当時、議論されていた小選挙区制に触れつつ、「公認決定のプロセスが不透明です」と、自身が立候補できるか、不安をのぞかせていた。

 それから28年。今回の参院選で勝利すれば、秋には憲政史上最長の首相在任日数、という偉業に手が届く。この時のインタビュアーも若き安倍氏も、思いも及ばなかったに違いない。

この記事は有料記事です。

残り2782文字(全文3175文字)

吉井理記

1975年東京生まれ。西日本新聞社を経て2004年入社。憲法・平和問題、永田町の小ネタ、政治家と思想、東京の酒場に関心があります。会社では上司に、家では妻と娘と猫にしかられる毎日を、ビールとミステリ、落語、モダンジャズで癒やしています。ジャズは20代のころ「ジャズに詳しい男はモテる」と耳に挟み、聞き始めました。ジャズには少し詳しくなりましたが、モテませんでした。記者なのに人見知り。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです