メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

首相ヤジ排除 相次ぐ抗議 北海道警「対応は適切」と反論

北海道警に再発防止を申し入れ、記者会見する国民救援会道本部の守屋会長(中央)ら=札幌市中央区で2019年7月19日11時23分、真貝恒平撮影

 札幌市で15日にあった安倍晋三首相の参院選の街頭演説で、ヤジを飛ばした数人が道警に排除された問題を受け、批判が広がっている。20日までに弁護士で作る自由法曹団道支部や立憲民主党道連、共産党道委員会などが相次いで「表現の自由を侵害する」と抗議を表明した。これに対し、道警は腕や肩をつかんで移動させた行為を認め、「対応は適切だった」と反論する。

 共産党道委員会の青山慶二委員長は20日、「道警の行為は表現の自由への侵害だ」と抗議する声明を発表し…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文641文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです