メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・山口代表「憲法に自衛隊、あえて書く意味があるのか」

当選確実となった自身の名前に花をつける公明党の山口那津男代表(右)と斉藤鉄夫幹事長=東京都新宿区で2019年7月21日午後9時15分、北山夏帆撮影

 公明党の山口那津男代表は21日夜のテレビ東京の番組で、憲法に自衛隊を明記する自民党の憲法改正案について「あえて書く意味がどこまであるのか。もっと議論を尽くすべきだ」とけん制した。

 山口氏は「自衛隊は(すでに)国民が容認している。安全保障法制で自衛隊の活動について明確に決めた」と強調。安倍晋三首相が…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  2. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  3. 質問なるほドリ 議員は国会休んでいいの? 出席義務初日以外なし、「給料」は満額で支給=回答・古川宗

  4. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです