メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・山口代表「憲法に自衛隊、あえて書く意味があるのか」

当選確実となった自身の名前に花をつける公明党の山口那津男代表(右)と斉藤鉄夫幹事長=東京都新宿区で2019年7月21日午後9時15分、北山夏帆撮影

 公明党の山口那津男代表は21日夜のテレビ東京の番組で、憲法に自衛隊を明記する自民党の憲法改正案について「あえて書く意味がどこまであるのか。もっと議論を尽くすべきだ」とけん制した。

 山口氏は「自衛隊は(すでに)国民が容認している。安全保障法制で自衛隊の活動について明確に決めた」と強調。安倍晋三首相が…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです