メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

「医療・介護界変える」 呼吸器着け国会へ れいわ・ALS患者、舩後氏

当選確実となった舩後靖彦氏(左)に頭を下げるれいわ新選組の山本太郎代表=東京都千代田区で2019年7月21日午後9時48分、小川昌宏撮影

 全身の筋力が低下する難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者で、れいわ新選組から参院選比例代表の特定枠1位で出馬した舩後(ふなご)靖彦氏(61)=千葉県松戸市=が初当選した。人工呼吸器を着けた全身まひの国会議員の誕生は初めて。難病の当事者として、選挙戦で訴えてきた「障害者も健常者もない社会の実現」に取り組む。【山下貴史、塩田彩】

この記事は有料記事です。

残り1540文字(全文1705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです