メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2019参院選

自公勝利、改選過半数 分断から統合の政治を=政治部長・高塚保

 安倍政権下で行われる最後の国政選挙となるかもしれない参院選だった。自公両党はこの選挙でも勝利し、安倍晋三首相は自民党総裁としての任期となる2021年9月まで、安定した政権運営を行える基盤を築いた。だが、政治の安定とは裏腹に、社会の安定はどうだろう。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文859文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 高梨沙羅がGP総合8連覇 ジャンプ女子

  5. 皇室 侍従記録「戦争責任言われつらい」 晩年の昭和天皇吐露

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです