メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

多弱野党、共闘限界 1人区10勝22敗、前回下回る

当選確実となった候補者のボードをつける立憲民主党の枝野幸男代表=東京都港区で2019年7月21日午後9時56分、長谷川直亮撮影

 参院選の勝敗を左右する全国32ある改選数1の「1人区」で、野党5党派は候補を一本化して臨んだが、勝ったのは10選挙区にとどまった。2016年の前回選で旧民進党など野党4党が一本化することで獲得した11議席に届かず、次期衆院選の「野党共闘」に不安を残した。【影山哲也】

この記事は有料記事です。

残り4607文字(全文4741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  2. レルヒさんもため息? 雪国の新潟、歴史的暖冬で経済大打撃 影響深刻化も

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです