メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

首相、改憲なお強気 勢力の再編も視野 「3分の2」届かず、国民に秋波

当選確実となった候補者の名前に花をつけた後、岸田文雄政調会長(右から4人目)ら自民党幹部と共に席に着く安倍晋三首相(同2人目)=東京都千代田区で2019年7月21日午後9時58分、滝川大貴撮影

 参院選で、自民、公明両党と日本維新の会などの「改憲勢力」は憲法改正の発議に必要な3分の2の議席にわずかに届かなかった。ただ、安倍晋三首相(自民党総裁)は引き続き改憲を目指す姿勢を表明した。国民民主党の一部など改憲に前向きな勢力を取り込み、改憲勢力の再編を狙う構えだ。【竹内望、立野将弘】

この記事は有料記事です。

残り4339文字(全文4483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです