メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

首相、改憲になお望み 成否未知数 野党・抱き込み警戒 3分の2割れ

自民党幹部と共に当選確実となった候補者の名前に花をつける安倍晋三首相(中央)=東京都千代田区で2019年7月21日午後9時58分、梅村直承撮影

 参院選で、自民、公明両党と日本維新の会などの「改憲勢力」は憲法改正の発議に必要な3分の2の議席にわずかに届かなかった。ただ、安倍晋三首相(自民党総裁)は引き続き改憲を目指す姿勢を表明した。国民民主党の一部など改憲に前向きな勢力を取り込み、改憲勢力の再編を狙う構えだ。

首相「任期中の改憲は使命」

 「結果として国民は『ちゃんと議論せよ』ということだった。私の使命として、残された任期の中で憲法改正に挑んでいきたい」。首相は21日深夜、フジテレビの番組で改憲議論を進める意欲をあらわにした。

 首相は選挙前から改憲議論の是非を争点に掲げ、街頭演説では1年で衆院憲法審査会が2時間余り、参院憲法…

この記事は有料記事です。

残り3722文字(全文4015文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです