メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、改憲になお望み 成否未知数 野党・抱き込み警戒 3分の2割れ

自民党幹部と共に当選確実となった候補者の名前に花をつける安倍晋三首相(中央)=東京都千代田区で2019年7月21日午後9時58分、梅村直承撮影

 参院選で、自民、公明両党と日本維新の会などの「改憲勢力」は憲法改正の発議に必要な3分の2の議席にわずかに届かなかった。ただ、安倍晋三首相(自民党総裁)は引き続き改憲を目指す姿勢を表明した。国民民主党の一部など改憲に前向きな勢力を取り込み、改憲勢力の再編を狙う構えだ。

首相「任期中の改憲は使命」

 「結果として国民は『ちゃんと議論せよ』ということだった。私の使命として、残された任期の中で憲法改正に挑んでいきたい」。首相は21日深夜、フジテレビの番組で改憲議論を進める意欲をあらわにした。

 首相は選挙前から改憲議論の是非を争点に掲げ、街頭演説では1年で衆院憲法審査会が2時間余り、参院憲法…

この記事は有料記事です。

残り3722文字(全文4015文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです