メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元都議の音喜多氏が初当選 「東京に維新の改革の足がかり」

当選が確実となり支援者と喜ぶ音喜多駿氏(中央)=東京都港区で2019年7月22日午前1時1分、尾籠章裕撮影

 日本維新の会は東京選挙区(改選数6)で初の議席を獲得した。大激戦の末に、当選を決めた新人で元都議の音喜多駿氏(35)は東京都港区内の事務所で「非常に厳しい戦いを勝ち抜いたことで、東京に維新の改革の足がかりを築けた」と語った。

 維新が東京選挙区に候補者を擁立するのは3回連続で、前回は作家の田中康夫氏…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです