メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元都議の音喜多氏が初当選 「東京に維新の改革の足がかり」

当選が確実となり支援者と喜ぶ音喜多駿氏(中央)=東京都港区で2019年7月22日午前1時1分、尾籠章裕撮影

 日本維新の会は東京選挙区(改選数6)で初の議席を獲得した。大激戦の末に、当選を決めた新人で元都議の音喜多駿氏(35)は東京都港区内の事務所で「非常に厳しい戦いを勝ち抜いたことで、東京に維新の改革の足がかりを築けた」と語った。

 維新が東京選挙区に候補者を擁立するのは3回連続で、前回は作家の田中康夫氏…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです