メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲新人でFM局アナウンサーの石垣氏 3代政治一家の自民現職破る 宮城選挙区

当選確実となり、花束を手にして喜ぶ石垣のりこ氏=仙台市宮城野区の選挙事務所で2019年7月22日午前0時48分、吉田勝撮影

 激戦の宮城選挙区(改選数1)は、野党統一候補で立憲民主党の新人、石垣のりこ氏(44)が、3代続く政治一家の自民党の現職、愛知治郎氏(50)の4選を阻んだ。22日未明に事務所に姿を見せた石垣氏は「『感謝』以外の言葉がありません。皆さんと一緒にいろいろな壁を乗り越えていきます」と喜びの声を上げた。

 立候補表明は、公示2カ月前の5月上旬。…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです