メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・共産・立憲 東京は初の女性3人が議席を同時獲得

当選確実の一報を受けて支持者らに笑顔であいさつする塩村文夏氏(右)=東京都千代田区のホテルで21日午後8時56分、大久保昂撮影

 東京選挙区(改選数6)は、自民党現職の丸川珠代氏(48)、共産党現職の吉良佳子氏(36)に続き、立憲民主党新人の塩村文夏氏(41)が当選を果たした。同選挙区で女性3人が議席を同時獲得するのは初めてで、当選者に対する割合も改選数4の時代に2人当選した1998年などと並び過去最高となる。

 今回、東京選挙区は女性6人を含む全国最…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文384文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです