メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「イージス・アショア」の逆風大きく 自民・中泉氏及ばず 秋田選挙区 

秋田選挙区で野党候補の当選が確実となり、事務所に集まった支持者らに頭を下げる中泉松司氏(右)=秋田市で2019年7月21日午後9時40分、和田大典撮影

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画の是非が争点となった秋田選挙区(改選数1)では、野党統一候補で無所属新人の寺田静氏(44)が、自民党の現職、中泉松司氏(40)を破り、初当選を果たした。再選を目指した中泉氏は秋田市内の事務所で「私の力不足。皆様の思いに応えることができず申し訳ない」と頭を下げた。

 配備計画を巡っては6月、調査報告書のデータの誤りなど、防衛省の不手際が次々に露呈。県民の不満が高まり自民にとっては「逆風」の中での選挙戦となった。2016年の前回選で自民は東北で唯一、議席を守ったが、12年ぶりに非自民勢力に議席を明け渡すことになった。

 一方、寺田氏は同市への配備計画に反対を表明。政党色を薄め、主に人柄などを売り込んで野党、無党派支持層に浸透した。【森口沙織】

関連記事

候補者を探す

党派別当選者数

 (改選) 選挙区 比例 当選
自民(67) 38 19 57
立憲(9) 9 8 17
公明(11) 7 7 14
維新(7) 5 5 10
共産(8) 3 4 7
国民(8) 3 3 6
社民(1) 0 1 1
れ新(-) 0 2 2
N国(-) 0 1 1
希望(1) - - -
諸派(2) 0 0 0
無属(3) 9 0 9
計(117) 74 50 124

注目ニュース