メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知事選の後遺症乗り越え 自民・松山氏トップ当選 福岡選挙区

当選が確実となり万歳する松山政司氏=福岡市中央区で2019年7月21日午後8時14分、田鍋公也撮影

 福岡選挙区(改選数3)では、自民党の現職、松山政司氏(60)がトップ当選を果たし、4月の福岡県知事選で党県連が分裂選挙を戦った「後遺症」を振り払った。松山氏は当選確実の知らせに「県内各地で充実した選挙活動をしていただいた」と振り返った。

 知事選では、現職と対立する麻生太郎副総理兼財務相が新人を擁立…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです