メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

れいわ代表の山本氏落選 3議席に届かず

テレビ中継のインタビューに笑顔で答えるれいわ新選組の山本太郎代表=東京都千代田区で2019年7月21日午後8時45分、小川昌宏撮影

 参院選の比例代表(改選数50)で、政治団体「れいわ新選組」代表の現職、山本太郎氏(44)の落選が確実となった。れいわは、既存政党に不満を持つ層の受け皿を狙ったが、特定枠二つと山本氏を加えた3議席の確保に届かなかった。

 山本氏は、2013年参院選で東京選挙区から出馬し、初当選。現在は国民民主党で総合選対本部長相談役を務める小沢一郎氏とともに、旧「生活の党と山本太郎となかまたち」の共同代表などを務めるなどした。

 参院選に向け、今年4月にれいわを設立した。比例特定枠に重度障害者2人を起用。自身も東京選挙区からではなく比例代表から出馬したが、特定枠に入らず、比例票の掘り起こしに努めた。

候補者を探す

党派別当選者数

 (改選) 選挙区 比例 当選
自民(67) 38 19 57
立憲(9) 9 8 17
公明(11) 7 7 14
維新(7) 5 5 10
共産(8) 3 4 7
国民(8) 3 3 6
社民(1) 0 1 1
れ新(-) 0 2 2
N国(-) 0 1 1
希望(1) - - -
諸派(2) 0 0 0
無属(3) 9 0 9
計(117) 74 50 124

注目ニュース