メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改憲3分の2割れ 自公改選過半数 立憲倍増 国民伸び悩み 参院選

自民党の二階俊博幹事長(左)と共に当選確実となった候補者の名前に花をつける安倍晋三首相=東京都千代田区で2019年7月21日午後9時56分、梅村直承撮影

 第25回参院選は21日、投票が行われ、即日開票された。与党の自民、公明両党で計71議席以上を確保し、自民幹部が「勝敗ライン」とした改選議席の過半数にあたる63議席を超えた。憲法改正に前向きな日本維新の会を加えた「改憲勢力」では、改憲の国会発議に必要な参院定数(245)の「3分の2」の164議席は維持できなかった。投票率(選挙区)は毎日新聞の集計によると全国平均48・84%で、過去最低だった1995年の44・52%に次ぐ低い水準となる見通し。【野口武則】

 参院は3年ごとに半数が改選され、非改選の121人のうち「改憲勢力」は79人。164議席に達するには…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです