メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

れいわ新選組2議席獲得 最重度障害者 迫られる国会のバリアフリー

当選確実となった舩後靖彦氏(中央)とインタビューを受け、笑顔を見せるれいわ新選組の山本太郎代表(右)。左は介助者の佐塚みさ子氏=東京都千代田区で2019年7月21日午後9時58分、小川昌宏撮影

 政治団体「れいわ新選組」からは、全身の筋力が低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」患者の舩後(ふなご)靖彦氏(61)と重度身体障害者の木村英子氏(54)が当選確実となった。舩後氏は比例代表で優先的に当選する特定枠1位で出馬。21日夜、東京都千代田区のホテルに設けられた開票センターに当選確実が伝わり、舩後氏が訪れると、支援者から大きな歓声が上がった。

 舩後氏が事前に準備した文章を介護者が読み上げ、「この瞬間が来たことに胸がいっぱい。弱々しく見える僕…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文496文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山下貴史

1980年生まれ。2003年入社。神戸を振り出しに、鳥取、和歌山を回り、大阪社会部を経て統合デジタル取材センター記者。地方政治・行政の取材が多かったですが、何でもやります。好物は、古今亭志ん朝の「文七元結」

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです