メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社民1議席死守 政党要件維持目指す「崖っ縁」

 社民党は1議席を確保した。ただ、至上命令である政党要件維持のため、比例代表の得票率2%に届くかどうかが最大の焦点だ。福島瑞穂副党首はテレビ東京の番組で「本当に崖っ縁」と危機感を表した。

 公職選挙法で政党として認められるには、現職国会議員5人以上▽直近の衆院選か参院選で全国の得票率2%以上――のいずれかを満たす必要がある。

 社民の国会議員は衆参2人ずつの計4人。参院選には選挙区と比例代表で計7人を擁立したが、改選を迎えた又市征治党首は立候補しなかった。このため、5人に達するには2人以上の当選が必要だったが、1議席にとどまる見通しだ。吉川元・幹事長は22日未明の記者会見で「2%(に届くか)がまだ明らかになっていないので、引き続き(開票を)見守りたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです