メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社民・吉田前党首、3年ぶり国政返り咲き

当選を確実にし、支持者らと喜びを爆発させる吉田忠智氏(中央)=大分市高砂町で、2019年7月22日午前4時1分、飯田憲撮影

 社民前党首の吉田忠智氏(63)は比例代表で当選を果たし、落選した前回参院選以来、3年ぶりに国政へ返り咲いた。

 政党要件の維持が見通せず、党の存亡が懸かる選挙の当落判明は、22日未明までもつれ込んだ。当選を確信すると大分市内の事務所で支持者らと共に喜びを爆発させ「改憲勢力を3分の2割れに追い込むという最低限の目標…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです