メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民 複数人区で手堅く 広島は現職が割食う 立憲、東京で得票伸びず

支援者らに頭を下げる広島選挙区の自民現職、溝手顕正氏=広島市中区で2019年7月21日午後11時59分、小山美砂撮影

 改選数2以上の「複数区」(全13選挙区)では自民党が北海道などで2議席を獲得するなど手堅く議席を積み上げた一方で、立憲民主党は東京で2人目が落選するなど、各党で明暗が分かれた。

 自民は改選数3の北海道で初めて2議席を獲得。東京と千葉でも2016年の前回選と同様に2議席を確保するなど、公認候補17人中16人が当選した。公明党は公認候補7人全員が当選した。

 複数区でただ一人落選した与党候補は、広島(改選数2)の自民現職、溝手顕正氏。広島は岸田文雄政調会長…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文773文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  5. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです