メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

選択肢ないから自民? 平沢勝栄衆院議員、参院選振り返る「永田町日記」

武見敬三候補の応援演説に駆けつけた平沢勝栄衆院議員(右)=東京都葛飾区で2019年7月11日、宮本明登撮影

 振り返れば、不思議な戦いだった。参院選公示前から「解散風」が吹き荒れたが、政府内で相次いだ問題発覚で一気に沈静化。安倍長期政権の政策の信を問う機会に変わった。議員心理はどうだったのか。自民党の平沢勝栄衆院議員から約5年ぶりに「永田町日記」を公開してもらった。【構成・中澤雄大】

 6月3日(月)

 与党・自民党への風圧が急激に強まっている。原因は金融庁の金融審議会がこの日取りまとめた報告書だ。内容が報じられると、それまで安倍晋三首相の「風は気まぐれで誰かがコントロールできるものではない」発言で吹いていた「解散風」が急にしぼんだ感じだ。それにしても「老後資金2000万円不足」との報告は、国民に誤解や不安を与える表現だった。これが参院選には響かないと思うが……。

この記事は有料記事です。

残り4576文字(全文4907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです