メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

選択肢ないから自民? 平沢勝栄衆院議員、参院選振り返る「永田町日記」

武見敬三候補の応援演説に駆けつけた平沢勝栄衆院議員(右)=東京都葛飾区で2019年7月11日、宮本明登撮影

 振り返れば、不思議な戦いだった。参院選公示前から「解散風」が吹き荒れたが、政府内で相次いだ問題発覚で一気に沈静化。安倍長期政権の政策の信を問う機会に変わった。議員心理はどうだったのか。自民党の平沢勝栄衆院議員から約5年ぶりに「永田町日記」を公開してもらった。【構成・中澤雄大】

 6月3日(月)

 与党・自民党への風圧が急激に強まっている。原因は金融庁の金融審議会がこの日取りまとめた報告書だ。内容が報じられると、それまで安倍晋三首相の「風は気まぐれで誰かがコントロールできるものではない」発言で吹いていた「解散風」が急にしぼんだ感じだ。それにしても「老後資金2000万円不足」との報告は、国民に誤解や不安を与える表現だった。これが参院選には響かないと思うが……。

この記事は有料記事です。

残り4576文字(全文4907文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです