メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分で初当選の野党共同、安達澄氏が激戦振り返る

当選から一夜明け、抱負を語る安達澄氏=大分市で2019年7月22日午前9時39分、金澤稔撮影

 大分選挙区(改選数1)で初当選した野党共同候補の無所属新人、安達澄(きよし)氏(49)は、一夜明けた22日午前9時半、大分市内の事務所で取材に応じ、激戦を振り返った。

 3選を狙った自民現職の礒崎陽輔氏(61)を約1万6000票差で破った安達氏は「『政権におごりがある』という有権者の声を何度も聞いた。自分が受け皿になれたかもしれない」と述べた。

 サラリーマン出身の安達氏は、地道にミニ集会を開くなど草の根活動を展開。「今の政権は地方を見ていない」と訴え、安倍晋三首相に近い官僚出身の礒崎氏の組織戦に対抗した。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです