メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

参院選の結果 こう見る 牛窪恵さん、三浦瑠麗さん、しりあがり寿さん、浦田一郎さん

牛窪恵さん

 安倍晋三首相が「改憲」を争点に掲げた参院選の投票率は、過去2番目に低い48・80%にとどまった。低投票率の理由は何だったのか。改憲の主張は有権者にどのように受け止められ、これからの国会でどのように議論されていくのか。4人の識者に聞いた。

「自分ごと化」が必要 世代・トレンド評論家 牛窪恵さん

 モヤモヤが残る参院選だった。与党が勝ったとも言えるし、イージス・アショアの問題を抱える秋田のように地元の民意が出て野党が勝った地域もある。一方で、憲法改正や消費増税という問題がありながら、投票率は低かった。

 「消費税なんて、どうせ上がるんでしょう」と「ひとごと」のように考え、マーケティングでいう「自分ごと…

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文1860文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです