メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「筆談ホステス」斉藤さん落選 「挑戦した姿勢は見せることができた」

元東京都北区議の斉藤里恵さん=東京都千代田区で2019年5月14日、小林努撮影

 参院選・比例代表の立憲民主党新人で前東京都北区議の斉藤里恵さん(35)は、議席に届かなかった。斉藤さんは聴覚障害があり、「筆談ホステス」の著書で知られる。

 斉藤さんは22日午前3時20分過ぎ、北区の障害者支援団体の事務所で記者団の取材に応じ、「多くの方々からご支援とご期待をいただいたにもかかわらず、結果を残せなかった。私の力不足だと痛感しております」と敗戦の弁を述べた。一方で、「…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

大場伸也

1973年生まれ、2000年入社。船橋、千葉支局、政治部(2年間経済部)、長崎支局、小倉報道部、統合デジタル取材センターを経て政治部。野球好き。学生時代にバイトしていた新宿ゴールデン街に出没します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです