メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「筆談ホステス」斉藤さん落選 「挑戦した姿勢は見せることができた」

元東京都北区議の斉藤里恵さん=東京都千代田区で2019年5月14日、小林努撮影

 参院選・比例代表の立憲民主党新人で前東京都北区議の斉藤里恵さん(35)は、議席に届かなかった。斉藤さんは聴覚障害があり、「筆談ホステス」の著書で知られる。

 斉藤さんは22日午前3時20分過ぎ、北区の障害者支援団体の事務所で記者団の取材に応じ、「多くの方々からご支援とご期待をいただいたにもかかわらず、結果を残せなかった。私の力不足だと痛感しております」と敗戦の弁を述べた。一方で、「…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

大場伸也

1973年生まれ、2000年入社。船橋、千葉支局、政治部、経済部、長崎支局、小倉報道部を経て現職。政治の記事を中心に執筆しています。野球好き。学生時代にバイトしていた新宿ゴールデン街に出没します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです