メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れいわ新人、木村英子さん当選「障害者が地域で生きられる社会に」

介護者にマイクを持ってもらいながら演説する木村英子さん=東京都港区で2019年7月12日午後7時17分、塩田彩撮影

 政治団体「れいわ新選組」新人で重度身体障害を抱える東京都多摩市の木村英子さん(54)も、比例特定枠で当選を果たした。選挙戦では、「障害があっても当たり前に地域で生きられる社会に」と訴えた。同じくれいわの特定枠で当選した筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後(ふなご)靖彦さん(61)とともに、重度障害者の国会議員として活動を始める。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2046文字(全文2231文字)

塩田彩

大阪府出身。2009年入社。前橋支局、生活報道部を経て19年5月より統合デジタル取材センター。障害福祉分野を継続的に取材しています。好物は児童文学。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 繁華街に出没のサルを捕獲 福岡・天神

  2. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  3. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

  4. GoToトラベルの割引縮小はGW以降で検討 国交相

  5. 沖縄は復帰後も不条理強いる「反憲法下」 照屋寛徳氏の社民党への「遺言」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです