メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支えた「分かりやすい主張」「ネット情報発信」 れいわ、N国が政党要件

当選確実の報を受け、山本太郎代表(右)と喜ぶれいわ新選組の木村英子氏=東京都千代田区で2019年7月22日午前1時15分、小川昌宏撮影

 21日投開票の参院選では、「れいわ新選組」と「NHKから国民を守る党」(N国)の2団体が、公職選挙法や政党助成法が定める得票率2%を確保し、「政党要件」を満たした。「れいわ」は比例で得票率4.55%(約228万票)を得て2議席を獲得した。N国は22日未明に改選数50の比例の最後の枠を自民党と競り合った末に確保。約99万票で1議席を得た。比例の得票率は1.97%にとどまったが、全国に37人擁立した選挙区候補の合計得票率が3.02%に達した。

 両党を支えたのは、分かりやすい主張とネットによる情報発信だ。

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文866文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです