メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

参院選 解散カードでけん制 首相、改憲推進狙い

参院選の結果を受け、報道陣の前で記者会見する安倍晋三首相=自民党本部で2019年7月22日午後2時12分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相(自民党総裁)は参院選投開票から一夜明けた22日、憲法改正の実現に改めて意欲を示した。参院選で勝利したことで、首相は今後、内閣改造・自民党役員人事で党内の求心力を高める一方、衆院解散をちらつかせながら、野党をけん制し、改憲実現を図る構えだ。ただ、衆院選に踏み切れば、参院選と同様に改憲勢力3分の2を維持できなくなるリスクがある。参院選で基盤を固めた首相だが、今後のかじ取りは容易ではない。

この記事は有料記事です。

残り2824文字(全文3025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです