メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

経済の課題 日米交渉、本格化 農産物・車…「9月には」

 参院選が終わり、政府は懸案の経済の課題への取り組みを本格化させる。日米貿易交渉は、8~9月にも開かれる日米首脳会談に向け、農産物や自動車の市場開放を巡る駆け引きが激化しそうだ。一方、10月に予定される消費税率の10%への引き上げは実施が確実となったが、その後の財政再建への道は不透明なままだ。

この記事は有料記事です。

残り2113文字(全文2260文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 国際線運休で帰れない…関西のベトナム人技能実習生、生活困窮深刻に

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです