メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

222票配分ミス 開票遅延で選管最終発表全国ワースト 参院選宮城選挙区

投票=イメージ

 21日投開票の参院選で、仙台市若林区選挙管理委員会は22日、開票作業で複数のミスがあったと発表した。この影響で宮城選挙区の選管最終発表は同日午前7時19分と全国で最も遅くなった。また、自民現職の愛知治郎氏(50)の計222票が一時、誤って立憲新人の石垣のりこ氏(44)に配分されていた。

 区選管によると、有権者が投票用紙を置いたままにした「置き去り票」を投票者数に加えず、投票用紙の自動交付機の故障により手渡しで交付した票を1枚分数えなかったことから、投票用紙の枚数と投票者数に計2票のずれが生じたという。

 さらに、開票作業の終了後に愛知氏と石垣氏の票を一部入れ違えていたことが判明。投票用紙を再点検したと…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文661文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ JRは停電、運転見合わせ

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです