メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18、19歳投票率31% 全体を17ポイント下回る 19歳3割切る

参院定数を「6増」し、特定枠を新設する自民党提出の公職選挙法改正案が可決された参院本会議。手前の空席は採決に抗議し退席した立憲民主党などの議員たちの席=国会内で2018年7月11日、川田雅浩撮影

 総務省は23日、今回の参院選の18歳と19歳の投票率(選挙区、速報値)は31.33%(男性30.02%、女性32.75%)で、全体の投票率(48.80%)を17.47ポイント下回ったと発表した。18歳選挙権が認められてから、初めての国政選挙となった前回2016年参院選(46.78%)と比べても15…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 山下達郎さん、ライブ映像を初配信へ 「再びライブができるまで違う可能性を」

  3. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです