メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

れいわ新選組が比例選で2議席 山本代表「次は衆院選」

 21日に投開票された参院選で、山本太郎代表が率いる「れいわ新選組」が2議席を獲得した。全身の筋力が低下する難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う舩後(ふなご)靖彦さん(61)と、生後8カ月の時の事故で頸椎(けいつい)を損傷し、右手以外ほとんど動かない木村英子さん(54)。2人とも比例代表で優先的に当選できる「特定枠」で立候補。れいわの支持拡大の勢いに乗り、当選を決めた。

 「本当に今日というこの瞬間が来たことに胸がいっぱいです」。21日夜、れいわが東京都千代田区のホテルに設けた開票センターで、当選確実の一報を受けた舩後さんは介助者を通じて喜びを語った。木村さんも深夜に当選が確実となり、「厳しい現状にある障害者の一票一票が私の心に突き刺さって、頑張らなきゃという思いです」と話した。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです