メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「辺野古移設賛成」を公約 参院選沖縄選挙区に地元民が立候補した理由とは

人けのない辺野古の集落を歩く玉利朝輝さん=沖縄県名護市で2019年7月12日午後5時28分、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設反対を訴えた候補が勝利した21日の参院選沖縄選挙区(改選数1)には、辺野古で暮らす一人の男性も立候補した。公約は「辺野古移設賛成」。出馬を決めたのは公示2日前で、地元の支援も得られない徒手空拳の選挙戦だった。埋め立てを進める安倍政権が推した自民候補ですら辺野古移設の賛否を明確にしなかった中、なぜ男性は「賛成」を掲げて選挙に出たのか。【遠藤孝康/那覇支局、平川昌範/西部報道部】

 投開票から一夜明けた22日、辺野古の商工団体理事、玉利朝輝(たまりともてる)さん(60)は、事務所…

この記事は有料記事です。

残り1975文字(全文2245文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  5. クックパッドニュース 「秋の味覚」をぎゅっと詰め込んだ旬食材たっぷりのお弁当!

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです