メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岸田派、谷垣グループ合流も 両幹部ら協力体制協議 時期や規模、焦点に

自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 参院選を受け、自民党の岸田派と谷垣グループの合流論が25日、浮上した。岸田文雄政調会長や逢沢一郎代表世話人らそれぞれの幹部が合流も念頭に、今後の協力体制について近く、本格的な協議を始める。

 岸田派は参院選で現職4人が落選し、岸田氏は25日の派閥会合で「誠に残念で、断腸の思いだ。申し訳ない」と述べた。岸田氏の地元・広島でも同派最高顧問の溝手顕正氏が落選し「ポスト安倍」に向けた求心力の回復が課題となる。党内第4派閥の岸田派は46人となる見通し。他派との掛け持ちを…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです