メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ALS患者の介助者不足「解決を」 国会議員や国民に理解の広がり期待

国会の「バリアフリー化」への主な課題と参院の対応

 参院選で「れいわ新選組」から初当選した重度の身体障害のある舩後(ふなご)靖彦(61)、木村英子(54)両氏が円滑な議会活動ができるよう、国会のバリアフリー化の方針が決まった。

 ロボットなど新しい技術の登場で、ALS患者が社会参画する機会が広がりつつある。だが、介助者の不足など課題も多く、患者や家族は国会での議論が進むことに期待を寄せる。

 昨年11月、東京都内に期間限定でオープンしたカフェ。身長120センチの人型ロボットが店員となり、お…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1142文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 父親の逮捕状請求へ 死体遺棄容疑 埼玉県警

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです